保安基準の改正により「タイヤのハミ出し」、「横出しマフラー(排気口の向き)」が車検OKに! | 北米トヨタ(USトヨタ) カスタム情報 タンドラ・FJクルーザー・シエナ..
タンドラ 北米トヨタ(USトヨタ)

保安基準の改正により「タイヤのハミ出し」、「横出しマフラー(排気口の向き)」が車検OKに!

  • 2017.06.30 Friday

「タイヤのはみ出し」は10ミリ未満ならOK、「マフラー(排気口)の向き」は制限なし!に改正


平成29年6月22日より施行になった車検基準の改正についてお知らせします。
タイヤ_フェンダーから_はみ出し_例
画像:アメリカSEMAショー2016にて撮影の出展車
以前より日本国内では「タイヤがボディからはみ出してはいけない!」というルールが常識となっていましたが…

タイヤ_はみ出し_USA_例_カスタム_SEMAショー
画像:アメリカSEMAショー2016にて撮影の出展車
カスタムの本場アメリカではタイヤのはみ出し(通称:ハミタイ)に関しての規制がなく、その度合いは様々ですが特にクロカン系の4WDカスタムでは ほぼ全てと言っても良い位ハミ出しています!

このスタイルに憧れる方も少なくないはず…。
もちろん見た目は好き嫌いがあると思いますが、タイヤがハミ出しているという事はノーマルに比べて左右へ幅が広がり走行安定性の向上につながるというメリットがあります。またオフロード走行をする方はお分かりかと思いますが、障害物を乗り越えて走行する上ではグリップする物にボディではなく‟タイヤ”を接地させなければなりません。ロッククローリング用のカスタムではタイヤは剝き出しだったりしますよね。ボディを守る効果も期待できます。

タイヤ_はみ出し_OK_規制緩和_車検_セコイア_イメージ
日本でもアルミホイール、タイヤはカスタムには欠かせないパーツですが、タイヤがハミ出すかハミ出さないかは車種によってサイズが違う訳で…。

それこそUSAブランドのホイールだとそのまま装着すると普通にハミ出してしまう物も少なくありません。

合法化(基準に適合)させるためにオーバーフェンダーを取り付けたり、スペーサーで調節したりして何とか「ツライチ」(←はみ出さないギリギリのセッティング)になるようにミリ単位で計算をする訳です。

タイヤの‟はみ出し”基準改正について


自動車が直進姿勢をとった場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれが前方30°及び広報50°に交わる2平面によりはさまれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイール・キャップ等)が当該部分の直上の車体(フェンダ等)より車輌の外側方向に突出していないもの。この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに被牽引自動車を除く。)であって、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれが前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる範囲の最外側がタイヤとなる部分については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出していないもの」とみなす。
独立行政法人 自動車技術総合機構より引用
上記がタイヤの突出禁止規定です。赤字部分が改正によって追加された部分となります。

図を利用してご説明します。(フリーハンドで着色のため角度等は正確ではありません。)
タイヤ_はみ出し_基準_図解
ピンク色で着色した‟タイヤ”部分に関しては黄色のフェンダー部分より10ミリ未満ならハミ出していると見なさない。(←はみ出してもOK)
ただし、5ナンバーや3ナンバー登録の乗用車(定員9人乗りまで)のみ。
と解釈できます。

今回の改正ですべての車種がOKになった訳ではありませんので注意が必要です。

マフラー(排気口)の向きに制限がなくなりました


マフラー_排気口_向き_下向き_基準適合_改正前
改正前まではマフラーの排気口の向きに制限がありました。

flexdreamが扱う‟タンドラ”は新車時よりマフラー(排気口)が真横をむいている為、今までは日本国内の法規に合わせる為に向きを変える措置を行ってきました。

マフラー_USトヨタ_タンドラ_新車_純正_横出し_マフラー_ノーマル
改正後は制限が無くなるため新車時のまま‟横出し”で堂々とお乗りいただけますし、車検もOK!と言う訳です。

このマフラー(排気口)の向きに関しての改正は車種に制限はありません。
どんな車種でも一様に適用されます。

独立行政法人_自動車技術総合機構_車検_基準_改正_案内_6月22日より_施行
こちらが独立行政法人 自動車技術総合機構がプレスリリースした内容。


タイヤのはみ出しが1ナンバー登録車には適用されないのは残念ですが、flexdreamで扱うセコイアやシエナでしたらOK!カスタムの幅が広がりますね♪

くれぐれもタイヤの‟はみ出し”を推奨している訳ではありませんので誤解なさらないでくださいね♪

タイヤの突出量、マフラーの向きに関する基準の改正についてはコチラでも詳しく解説しています!
車検基準改正:はみ出しタイヤ「ハミタイ」&横出しマフラー規制一部緩和!


USトヨタ(北米トヨタ)取り扱い車種一覧・並行輸入車についての解説はこちら!
在庫車の最新情報や価格など詳細をご確認いただけます!
人気の2代目タンドラの前期・後期モデルをはじめflexdreamにて専門に取り扱うUSトヨタ(北米トヨタ)の車種一覧はもちろん、
現在の日本の中古車市場における走行距離についての考え方や注意点、VINコード(シリアルナンバー)の意味や読み方、モデル年式と初年度登録の違いについてなどなど、並行輸入車を購入の際のメリット・デメリットなどなど専門店らしい徹底解説が盛りだくさん!!
カスタム画像集も多数掲載していますので、見ても読んでもタップリ楽しんでいただけるページと
なっておりますので是非見てみてくださいね♪♪



  • by 北米トヨタ(USトヨタ)逆輸入車専門店 flexdream
  • category:日記

カスタムカーギャラリー

USトヨタ タンドラ・シエナ・FJクルーザー カスタムカーギャラリー 販売実績はカスタムの参考にピッタリ!
車種別・フリーワード検索も可能♪

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

月別記事表示