北米トヨタ(USトヨタ) カスタム情報 タンドラ・FJクルーザー・シエナ..
タンドラ 北米トヨタ(USトヨタ)

FJクルーザーのカスタムとカラーバリエーション一覧

  • 2013.09.01 Sunday

独特な丸目2灯の顔つきとスタイリングが人気のFJクルーザー。
カラーバリエーションの多さと奇抜さも人気の要因の一つではないでしょうか??

今回はUSトヨタ(北米トヨタ)のFJクルーザーのカラーバリエーション一覧を紹介!
ただ単に紹介してもつまらない!?ので・・・
FJクルーザーのカスタム画像と共に紹介していきます♪♪


※※※※※※※※ 更新情報 ※※※※※※※※※※※※※※※※
2014年モデルも追加してHP上に綺麗に編集しなおしました!!
最新版は FJクルーザーのカラーバリエーションをご覧ください♪♪
 ※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※※※※※※※※※※※

FJクルーザーのデビューは2007年。当時は5色でスタート


北米市場で爆発的人気で飾った発売当初。
台数もそれなりに多く、日本国内に逆輸入されてきているFJクルーザーは
この2007年がとても多いというのが現状です。

FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) ブラックダイアモンド
FJクルーザー ブラックダイアモンド(クロ)

2008年まではメタリック入りのブラック。
2009年からはメタリック無しのソリッドに変更されます。
2007年から2008年まで (絶版カラー)


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) ブラックチェリー
FJクルーザー ブラックチェリー(ワインレッド)

2007年モデルの1年間だけ生産された希少なカラー。
生産台数もカナリ少ないレアカラーです。
2007年のみ (絶版カラー)


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) チタニウムシルバーメタリック
FJクルーザー チタニウムメタリック(シルバー)

日本ではちょっと不人気なカラー・・・
LA近郊ではよく見かける人気カラーです。
2007年から2008年まで (絶版カラー)


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) ブードゥーブルー
FJクルーザー ブードゥーブルー(アオ)

FJクルーザープロトモデルでも採用されたイメージカラーです。
色々なカスタムが似合うカラーです。
2007年から2009年まで (絶版カラー)


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) サンフュージョン(黄色)
FJクルーザー サンフュージョン (黄色)

FJクルーザー人気カラーの中でも代表格。
flexdream でも1・2を争う人気カラーです。
2007年から2009年まで (絶版カラー)


2007年の特別仕様車:TRDスペシャルエディション

FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) TRDスペシャルエディション 2007年モデル特別仕様車
FJクルーザー TRDスペシャルエディション

カラーは通常版と同じ、ブラックダイアモンド。
ただし、屋根まで同色のクロ単色です。
(写真の車はバンパー・グリルなどは同色にカスタムしています)
専用TRDホイールやショックなどを装備しています。




2008年モデルからのカラー


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) ブリック(ワインレッド)
FJクルーザー ブリック (ワインレッド)

ブラックチェリーが無くなって、ブリックに変更。
ブリックとはレンガのこと。
2008年から2011年 (絶版カラー)


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) サンドストーム(ベージュ)
FJクルーザー サンドストーム(ベージュ)

USトヨタのこの年代のベージュは国内版と比べて薄く、人気も高いです。
(2011年からは国内と同じカラーになります)
2008年から2009年まで (絶版カラー)


2008年モデルから
特別仕様車:トレイルチームスペシャルエディションが新設

FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) トレイルチームスペシャルエディション 2008
FJクルーザー トレイルチームスペシャルEd 2008年

毎年『専用色』が設定されます。
バンパー・グリル・ドアミラー等が専用のブラック版。
専用TRDホイールや専用バッチを始め、特別装備が盛りだくさん。
内容は年により若干異なります。


2009年モデルからのカラー



FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) ブラック
FJクルーザー ブラック

2008年まではメタリック入り。2009年からはメタリック無し。
国内のブラックと同じカラーです。
2009年から2013年 現行モデル


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) アイスバーグ(ホワイト)
FJクルーザー アイスバーグ(ホワイト)

標準カラーの中では唯一の「単色」
2009年から2013年 現行モデル


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) シルバーフレスコ
FJクルーザー シルバーフレスコメタリック

少し濃く変更されました。
日本ではまず見かけません・・・
2009年から2012年まで (絶版カラー)


2009年はトレイルチームスペシャルEdはありませんでした




2010年モデルからのカラー



FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) アーミーグリーン
FJクルーザー アーミーグリーン

この色の登場で、flexdream の商品作りに大きな影響があったほど・・・
ランクルのコンプリートにも多数使用しています。
2010年から2013年現行モデル


2010年モデルのトレイルチームスペシャルエディション


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) トレイルチームスペシャルエディション 2010年モデル
FJクルーザー トレイルチームスペシャルEd 2010

この年はサンドストームで、ボンネットはクロのラッピング。
歴代のトレイルの中でも装備は一番充実しています。



2011年モデルからのカラー


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) キャバリーブルー(少しくすんだアオ)
FJクルーザー キャバリーブルー(少しくすんだアオ)

原色系のアオ(ブードゥーブルー)が無くなり、1年後、
少し渋く仕様変更してブルー系が復活。
2011年から2013年 現行モデル


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) クイックサンド(濃いベージュ)
FJクルーザー クイックサンド(ベージュ)

同じくベージュ系も少し濃くなって渋めになって復活。
この年からは国内モデルのベージュと同じ色になります。
2011年から2013年現行モデル


2011年モデルのトレイルチームスペシャルエディション


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) トレイルチームスペシャルエディション 2011年モデル
FJクルーザー トレイルチームスペシャルEd 2011年モデル

この年はアーミーグリーン。
2011年と言えば大震災の年・・・
震災の影響で、この年のトレイルは超超超激レアです。。。

おそらくホイールの製造が間に合わず、
ホイールと専用バッチ無し、という以外はトレイルと同じ【アップグレード掘
が臨時で発売となりました。



2012年モデルからのカラー


恐らくこちらも震災の影響で、2012年モデルから新設されたカラーはありませんでした。
(トレイルを除く)


2012年モデルのトレイルチームスペシャルEd


FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) トレイルチームスペシャルEd 2012 ラディアンレッド
FJクルーザー トレイルチームスペシャルEd 2012年モデル

この年のカラーはラディアンレッド。
いつも通りの専用パーツ・TRDパーツ盛りだくさん。
サブウーファーが無くなるなど、装備は少し簡素化された感があります・・・




2013年モデルからのカラー



FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) マグマ(オレンジ)
FJクルーザー マグマ(オレンジ)

flexdream のイメージカラー【オレンジ】
当時、国内1号車(おそらく)を輸入しました♪


2013年モデルのトレイルチームスペシャルエディション

FJクルーザー USトヨタ(北米トヨタ) トレイルチームスペシャルEd 2013 セメントグレー
FJクルーザー トレイルチームスペシャルEd 2013年モデル

この年はセメントグレー。
TRDビートロック調ホイール:2008年と同じホイールが復活。



いかがでしたでしょうか???
色々なカラーバリエーションがあって、色々なカスタムがあって・・・

FJクルーザーは楽しいですよね!!


まだまだ見たりない!!!という方は、
FJクルーザーの中古車・新車情報とモデル紹介をご覧ください!!
flexdream のFJクルーザー紹介ページに飛びます。
中古車・新車情報やカスタム参考画像、モデル情報などなどタップリ♪♪
楽しんでいただけると思います♪♪




  • by 北米トヨタ(USトヨタ)逆輸入車専門店 flexdream
  • category:FJクルーザー

タンドラ クルーマックス【カスタム画像集】

  • 2013.08.29 Thursday
 北米トヨタのタンドラと言えばクルーマックスでしょ!!
という方も多いのではないでしょうか??

今回はタンドラの中でもクルーマックスのカスタム画像集です。
カスタムの参考にしていただけたら嬉しいです♪♪

タンドラ クルーマックス(CrewMax)とは



タンドラ(USトヨタ) ブラック ノーマル
北米トヨタ タンドラ クルーマックス まずはノーマル(ブラック)
(US Toyota  tundra  CrewMax)


クルーマックスとはタンドラの中でも人気の4ドアタイプ

・クルーマックス
・ダブルキャブ
・シングルキャブ

があります。

ダブルキャブも4ドアですが、後ろのドアが小さく、キャビンが小さい

ダブルキャブにはレギュラーベットとロングベットがあります。
ダブルキャブのレギュラーベットとクルーマックスは全長は同じ。
(ダブルキャブはキャビンが小さく、ベットが長い)

ダブルキャブのロングベットは6m27cm。日本ではまず見かけません。

また、シングルキャブもほとんど見かけません。



タンドラのカスタム画像!!


リフトアップカスタム(Lift Up Custom)

タンドラ(USトヨタ) 6インチUP ブッシュワーカー KMC:HOSS 
タンドラ クルーマックス SR5
●6インチリフトUP
●KMC HOSS 20インチアルミ
●TOYO オープンカントリー 35×12.5R20
●ブッシュワーカー (ポケットスタイル) オーバーフェンダー
●SMITTYBILT サイドステップ
●ビレットグリル
●メッキドアハンドル
●メッキドアミラー
●メッキフューエルキャップ(給油口)


タンドラ(USトヨタ) クルーマックス アオ 20インチAW
タンドラ クルーマックス 激レア:ブルーM
●ポケットスタイルオーバーフェンダー(同色ペイント)
●NITTO(ニットー):デューングラップラー タイヤ
●ベットライナー


タンドラ(北米トヨタ) クルーマックス KMC:XD HOSSアルミ
タンドラ クルーマックス
●3インチリフトアップ(デフダウン)
●KMC XDロックスター 20インチアルミ
●フェデラル クーラジア マッドタイヤ
●WINBOW サイドチューブステップ
 
タンドラ(北米トヨタ) クルーマックス メタルマリージャAW
タンドラ クルーマックス レアカラー:グレーM
●PRO COMP(プロコンプ)とMETAL MULISHA(メタルマリーシャ)コラボ。 18インチAW
●BFグットリッチKM2タイヤ
●3インチリフトアップ

タンドラ シェルトップ&KMS:XD HOSS 20インチ
タンドラ クルーマックス シェルトップ
●KMC KDシリーズ HOSS 20インチホイール
●NITTO(ニットー) デューングラップラー タイヤ
●チューブサイドステップ

タンドラ RBPホイール&RBPアルミ 
タンドラ クルーマックス リフトアップ
●RBPホイール
●RBPステップ
●メッキ給油口

タンドラ USトヨタ クルーマックス  FUELタイヤ
タンドラ クルーマックス
●RBP 98R 20インチアルミ
●FUEL マッドグリッパー 35サイズタイヤ
●ブッシュワーカーオーバーフェンダー ポケットスタイル
●3インチリフトUP
●WINBOW チューブサイドステップ
●LEER550 トノカバー
●Borla Wテールマフラー 

タンドラ TRDオフロードパッケージ スモークヘッドライト リフトアップ ブッシュワーカーポケットスタイルオーバーフェンダー
タンドラ クルーマックス SR5 TRDオフロードパッケージ
●ブッシュワーカーオーバーフェンダー(ポケットスタイル)
●TOYOTEC リフトUPキット(Bilstein5100 Ultimate left package 車高調付き
●PRO COMP(プロコンプ)&METAL MULISHA(メタルマリーシャ)  5038 20インチアルミ(SATIN Black)
●FUEL マッドグリッパー MTタイヤ 35×13.5R20
●ビレットグリル
●スモークヘッドライトカバー
●スモークテールレンズカバー
●ベットライナー
●RETRAX シャッター式トノカバー

タンドラ USトヨタ クルーマックス TRDロックウォーリアーPKG シェルトップ月 
タンドラ クルーマックス TRD ロックウォーリアーパッケージ (rock warrior)
●TRD 17インチAW&BFグットリッチ
●ビルシュタインショック
●カラードバンパー
●サイドステップ
●LEER シェル付き

タンドラ T−Force 特別仕様車(テキサス州) 
タンドラ クルーマックス 特別仕様車 T−FORCE (テキサス州限定車500台)
◎専用ポケットスタイルオーバーフェンダー
◎専用サイドステップ
◎専用エンブレム
◎専用フロアマット
●2インチリフトUP
●マーテルギア BEAST(ビースト)18インチAW
●BFグットリッチ 35×12.5R18 KM2タイヤ


 

ローダウンカスタム(Low Down Custom)

タンドラ(北米トヨタ) クルーマックス ローダウン&エアロスタイル
タンドラ クルーマックス ローダウン&エアロスタイル
●24インチアルミホイール
●SNUGTOP ハードトノカバー&ベットライナー
●PIRANA BODY FULL KIT(エアロパーツ):フロント・サイド・リア・ボンネット
●ブッシュワーカーオーバーフェンダー
 
タンドラ クルーマックス レアカラーゴールド 22インチ&ローダウン
タンドラ クルーマックス リミテッド ローダウン ゴールド
●MAMBA 22インチアルミホイール
●フロント2インチ&リア4インチローダウン
●ブッシュワーカーオーバーフェンダー
●CORSAマフラー
●希少:レッドロックレザー:赤茶のレザーシート装着グレード。
 


いかがでしたでしょうか???
まだまだ見たりない!!という方は・・・
タンドラの新車・中古車情報・モデル紹介・カスタム画像集へどうぞ!!
flexdream タンドラ紹介ページに飛びます。
タンドラの紹介はもちろん、新車・中古車情報・カスタム参考画像などタップリです♪♪






 
  • by 北米トヨタ(USトヨタ)逆輸入車専門店 flexdream
  • category:タンドラ

タンドラの歴史と魅力

  • 2013.08.27 Tuesday
タンドラ USトヨタ:北米トヨタ
≪タンドラ クルーマックス リフトUP&ブッシュワーカー& メタルマリージャ18インチAW≫


トヨタが北米(USトヨタ)で生産しているピックアップトラック。


タンドラのデビューは2000年。
『T100』の後継モデルとして、サイズアップされて登場しました。
T100とは同じく北米トヨタ(USトヨタ)のピックアップトラック。

車名の由来は永久凍土の広がるツンドラ(tundra)地域から


当初はT100の後継としてT150という名前で考えられてましたが、フォードのピックアップF−150と名前が似すぎている、ということで【タンドラ】という名前になった、という話もあります。
 

タンドラの歴史


初代タンドラ、全米至上最高品質のピックアップトラック

ビック3(GM・フォード・クライスラー)を刺激しないように、少し小さめに作られたことにより、販売が振るわなかった・・・という話をする人も大勢いますが、質を重要視する目の肥えたアメリカのピックアップトラックのユーザーにはとても評価が高く、当時アメリカの中古車市場にはカナリの影響力があると言われている『コンシューマリポート』に【全米市場最高品質のピックアップトラック】として取り上げられたほどでした。


しかし、ビック3の本拠地デトロイトでは完全に不十分

ビッグ3の生産本拠地デトロイトではタンドラを一切ライバル視していませんでした。
アメリカのユーザーのほとんどは長年の「ビッグ3」ファンで、自分達のトラックに並々ならぬ愛着を持っていました。
販売する側の「ビッグ3」も「我々はアメリカの消費者の好みをしっかり理解しており、ビック3のトラック以外は絶対選ばない」と自社のトラックに絶対的な自信を持っていました。特にフォードは自社のFシリーズを「アメリカの歴史」とまでうたっていて、ビッグ3のトラックは「強いアメリカ、負けないアメリカ」の象徴と言われるほどでした。
北米トヨタは中型セダンでは徐々に徐々にに販売台数を増やしていったものの、ピックアップは「デトロイトの最後の砦」とまで言われ、初代タンドラは評価は高かったものの、ビッグ3の対抗馬としては不十分でした。
 

そして20007年。2代目タンドラへ

2003年にカルロス・ゴーン率いる日産がサイズ・排気量ともにビッグ3のものと同クラスのピックアップトラック「タイタン」を発表。これが全米で脚光を浴び、ユーザーの心を掴みます。その影響も受けながら2007年にはタンドラも同クラス・同サイズへとフルモデルチェンジ。2代目タンドラが誕生しました。
 

2008年にはトラック・オブ・ザ・イヤーを受賞

優れたコストパフォーマンスや品質・耐久性の高さを2代目タンドラでもしっかりと実現します。
当時アメリカではユーザーの好みは長年の愛着より品質をを重視する方向へと変わりつつありました。そこで2代目タンドラは品質の高さや価格面で非常に高く評価され、着実に販売台数を伸ばしていきます。そして発売したタンドラが2代目にモデルチェンジした年、トヨタ自動車はGMの世界総販売台数を抜き、世界一の自動車メーカーとなり、翌年、タンドラはトラック・オブ・ザ・イヤーを受賞することになりました。


そして2014年 フルモデルチェンジ。新型3代目タンドラ発進


2013年の8月、正式に2014年どフルモデルチェンジが発表。
(2月のシカゴモーターショーで発表されましたが、価格等は正式発表されず)

 

タンドラの魅力


圧倒的な存在感と安心感

タンドラの魅力の一つに挙げられることに、「圧倒的な存在感と信頼感」が挙げられます。
排気量の大きさやボディーの大きさは、とにかく存在感があります。
日本国内において、トヨタのハイラックストラックや日産ダットサントラックが販売されなくなった今だからこそ、タンドラの魅力や存在感はより高いものとなったのではないでしょうか。


1ナンバー貨物登録で維持費が意外と安い

日本国内ではタンドラは普通貨物(1ナンバー)扱いとなる為、このように大排気量の車でも自動車税が安く、維持費が安く抑えられることも人気の一つです。
 

「トラック」とは思えないほどの居住性

「トラック」という事を忘れさせる室内の居住性、操縦性、パワーはタンドラだからこそ。
日本を代表する自動車メーカーであるトヨタがアメリカで育ち、日本に逆輸入されているタンドラ。
一度店頭にて実車を見てみて下さい♪♪
タンドラの魅力をわかっていただけると思います♪♪



タンドラの新車・中古車情報やカスタム画像・価格相場はこちら


flexdream のタンドラ紹介ページに飛びます。
新車・中古車情報や販売済み車両画像集などもりだくさん!!
見て頂くだけでも楽しんでいただけると思います♪♪





  • by 北米トヨタ(USトヨタ)逆輸入車専門店 flexdream
  • category:タンドラ

2014タンドラの新車入庫予定は・・・

  • 2013.08.19 Monday

タンドラの2014年新型モデル。
北米USトヨタディーラーより、なんとか初回割振り分を2台、GETしました!!!

うまくいけば10月ごろ、お店に到着するかも。
※10/7到着しました!タンドラ1号車はこちら


それがこちら。

タンドラ2014モデル クルーマックス リミテッド TRDオフロードパッケージ
タンドラ2014年モデル リミテッド TRDオフロードパッケージ
クルーマックス 4WDです。


タンドラ2014モデル クルーマックス リミテッド TRDオフロードパッケージ 横から
タンドラ2014 クルーマックス 横からはこんな感じ。


タンドラ2014 LTD 内装(黒革)
タンドラ2014 リミテッドLTD ブラックレザー 内装はこちら。


 
初回オーダー分は2台ともほとんど同じスペックでご用意。

というのも実は・・・
初回オーダー分はクルーマックスでは、ほぼこのスペックのみ。
トヨタが『一番押したいスペック』のみ、初期オーダー分として割り振っています。

この他のグレードやカラーについては、注文(オーダー)となるので、
来るまでに少しお時間がかかってしまいますね・・・


なお、SR5のベンチシート車両は2台オーダー済みです♪♪


早く見たいですね!!
入荷したらUSトヨタ逆輸入車専門店 アップルさいたま岩槻店に届きます。
お楽しみに♪♪





  • by 北米トヨタ(USトヨタ)逆輸入車専門店 flexdream
  • category:タンドラ

タンドラ2014年モデル 新型モデル解説!!

  • 2013.08.11 Sunday
タンドラの2014年新型モデルがようやく発表されました!!

ようやく正式発表され、8月1日から製造開始されたようです。
2013年モデルと比較しながら解説していきます♪♪


ビックマイナーチェンジ後、2014モデルのタンドラはこちら。
タンドラ2014新型 1794Ed
 タンドラ2014年新型モデル 1794エディション(1794Edition)
Sunset Bronze Mica(サンセットブロンズマイカ)。


タンドラ2014新型 プラチナム
タンドラ2014新型モデル Platinum(プラチナム)
Magnetic Gray Metallic(マグネチックグレー メタリック)


タンドラ2014新型 リミテッド
タンドラ2014年新型モデル Limited(リミテッド)
Blue Ribbon Metallic(ブルーリボン メタリック)



少しだけ解説します!!


新型タンドラに新設されたグレード。 1794エディション


2013年モデルまであったリミテッドとプラチナムに加え、
1794エディションというグレードが新設されます。
値段はやはり一番高く、最上級グレードと言ってよいグレードとなりますが、
感覚的には『プラチナムの特別仕様バージョン』とでもいう感じです。

FJクルーザーのトレイルチームスペシャルEdとちょっと混同している方もいて、
1794Edではサンセットブロンズマイカ(上の写真の茶色)しか選択できない、
と勘違いしている方も多いようですが、それは間違いです。
(1794Edでは選択できないカラーもありますが、下記参照ください)


プレミアムと1794エディションの主な違い

  • 2014モデルからはプラチナムのバンパー・グリルはボディー同色。
    1794Edは上の写真のようにクロームとなります。
  • 本革シートがプラチナムはブラック。1794Edは茶色の本革シート。
  • 1794Edはハンドルがウッドとなります。
  • 標準のアルミは共に同じ20インチですが、
    1794Edのみ選択できるオプション:クローム20インチAWがあります。
    (上記写真のホイールです)

タンドラ1794Ed 内装(茶色本革)
タンドラ1794Ed の内装 (茶色の本革・ウッドハンドル)



シートの性能の違いについて

 プラチナム・1794Edは革が違うだけ
  • メモリー機能付きパワーシート
  • シートクーラー(シート本体に空いている無数の穴から風がでます)
  • シートヒーター
 リミテッドの本革はちょっと違います
カラーはブラック・グレー・ベージュの三種類。
(ボディーカラーによって選択できないカラーがあったりします)

シートメモリー・シートクーラーがつかないシートです。




2014年モデルのタンドラ。
 2013年モデルとの違い、異なる点は・・・


今回のビックマイナーチェンジでヘッドライト・テールレンズなどの外観や、
内装・パッケージなど、結構変更されています。
初代タンドラから2代目タンドラ(2013モデルまで)へとフルモデルチェンジした時と比べたら
変更点はやっぱり少ないと思いますが、フルモデルと言ってもいい位変更点が多いですね。
 

サンルーフのオプションが、SR5では選択できなくなる

2013年モデルまではSR5でオプション選択できたサンルーフ。
2014新モデルはリミテッドではオプション。
プラチナム・1794Edでは標準となりますが、
SR5では選択できなくなってしまいました・・・

(州により、または特別仕様車など異なるPKGができる可能性も有ります)


サンルーフ付きのベンチシートは選択不可能

2013年モデルまでと同様、リミテッド以上ではベンチシートはありません。
ということで・・・
【サンルーフ+ベンチシート】という組み合わせは不可能となりました・・・


ボディーサイズはほぼ同じ

『長さ』だけ約1cm長くなりますが、ほぼ同じです。


エンジンも同じ

  • 5.7L(ランクル200のレクサス版:LX570と同じエンジン)
  • 4.6L(ランクル200と同じエンジン)
  • 4.0L(FJクルーザー・プラドの上級と同じエンジン)
の3種類。


CrewMax(クルーマックス)のセカンドシート
前後スライドが・・・

2013年モデルまでのクルーマックスでは前後スライドしていたセカンドシート。
新型2014年モデルからは座面が跳ね上げ可能になり、
前後スライドができなくなります。


タンドラ2013 セカンドシート(クルーマックス SR5)
2013年モデルまでのタンドラは前後スライドする分、リクライニングもできました。


タンドラ2014 セカンドシート(クルーマックス プラチナム)
2014年モデルのタンドラは、以前までのダブルキャブと同じく、
跳ね上げ式となり、前後スライド&リクライニングはできなくなりました。
おそらく共通部品にすることでコスト削減を図っていると思われます。




ボディーカラーは全部で9色


グレードによっては選べないカラーなどもあります。


プラチナム&1794Ed専用カラー

タンドラ2014 ブラックメタリックタンドラ2014 バルセロナレッドメタリックサンセットブロンズ
ブラックメタリック             バルセロナレッドメタリック       サンセットブロンズ
(Auttitude Black Metallic)  (Barcelona Red Metallic) (Sunset Bronze Mica)


リミテッド・プラチナム・1794Edでは選択できないカラー

タンドラ2014 ブラック
ブラック(black)
※メタリック無しのソリットカラー※


(SR5の場合はブラックメタリックでは無く、メタリックのないソリットブラック。)



プラチナム・1794Edでは選択できないカラー

タンドラ2014 ラディアンレッド
ラディアンレッド(Radiant Red)



全グレードで選択できるカラーは4色

タンドラ2014 スーパーホワイトタンドラ2014 シルバースカイメタリック
スーパーホワイト             シルバースカイメタリック
 (Super White)                  (Silver Sky Metallic)


タンドラ2014 マグネチックグレータンドラ2014 ブルーリボンメタリック
マグネチックグレー            ブルーリボンメタリック
 (Magnetic Gray Metalli)          (Blue Ribbon Metalli)




いかがでしたでしょうか??
細かいところはやっぱり見てみたいところですね。


日本で一番最初の入庫を目指してGETしますのでお楽しみに♪♪
※10/7到着しました!タンドラ1号車はこちら


この他、タンドラの新車・中古車情報とモデル紹介はこちらへどうぞ!!
flexdream のタンドラ紹介ページに飛びます♪




タンドラ2014年モデル画像は
こちらににたくさん掲載中です!!!







  • by 北米トヨタ(USトヨタ)逆輸入車専門店 flexdream
  • category:タンドラ

カスタムカーギャラリー

USトヨタ タンドラ・シエナ・FJクルーザー カスタムカーギャラリー 販売実績はカスタムの参考にピッタリ!
車種別・フリーワード検索も可能♪

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

月別記事表示